東京大学
日置 光久
Hioki Mitsuhisa

戦後の我が国の理科教育について、その目標論、内容論および指導方法論について学習指導要領の分析を中心に研究を行っている。平成20年改訂の『学習指導要領理科編』の作成においては中心的に関わり、現在その全面実施下における実践事例の収集を行い、指導の改善について研究を深めるとともに次期学習指導要領の成立条件について考察を行っている。

○役職特任教授
○学位教育学修士
○部局大学院教育学研究科
○専門分野理科教育カリキュラム開発
論文および著作
  • 日置光久 『展望 日本型理科教育』、東洋館、2006
  • 日置光久 『理科をいかに教えるか』、東洋館、2008
    センター紹介|職員紹介