東京大学
窪川 かおる
Kubokawa Kaoru

海は、生命の誕生と進化の場であり、さまざまな環境に適応した生物の営みの場です。海洋生物学の研究を通して、これらをどう学ぶかについて考えていきます。また、出版やセミナーで、海の魅力を、海で働く女性たちから若い方々に伝える活動をしています。

○役職特任教授
○学位理学博士
○部局理学系研究科
○専攻等海洋アライアンス、海洋教育促進研究センター
○専門分野海洋生物学
論文および著作
  • 窪川かおる・他. "海のプロフェッショナルPart2", 東海大学出版会(2012)(編著)
  • 窪川かおる. "ナメクジウオ ",「研究者が教える動物飼育 第3巻 -ウニ,ナマコから脊椎動物へ」針山孝彦他編,共立出版 (2012)(分担執筆)
  • Kubokawa K., Tando Y., Roy S. (2010) Evolution of the reproductiveendocrine system in chordates. Integrative and Comparative Biology 50:53-62.
  • 窪川かおる・他. "海のプロフェッショナル", 東海大学出版会(2010)(編著)
  • 窪川かおる."ナメクジウオにみる脊椎動物の出現"「海洋の生命史―生命は海でどう進化したか」西田睦編、182-195、東海大学出版会(2009)(分担執筆)
  • Holland, L.Z., et al., 61名 Equal Contribution (2008) The amphioxus genome illuminates vertebrate origins and cephalochordate biology. Genome Research, 18: 1100-1111.
  • 安井金也・窪川かおる."ナメクジウオ 頭索動物の生物学",東京大学出版会(2005)(共著)
    センター紹介|職員紹介