ご挨拶

田中 智志
海洋教育促進研究センター センター長
大学院教育学研究科 教授
田中 智志

「海洋教育」は、「海とともに生きる」こと(海との共生)を基礎理念とする、初等・中等教育段階における海洋に関する教育です。

それは子どもたち、そして私たちが「海とともに生きる」ために「海と親しみ、海を知る」ことであり、そこで得られる知識技能、思考力、判断力、表現力を用いて具体的に「海を守り、利用する」ことです。

「海とともに生きる」という海洋教育の基礎理念は、海洋教育の具体的な目標・意義に通底する基本的な前提です。海洋教育の具体的な目標・意義は、1海に関する災害の予防、2海洋という国土の保全、3海洋資源の利用活用、4海洋産業(水産業)の育成、5海洋環境の整備・海洋生態系の保全、6海洋に関する文化・芸術の育成です。これら海洋教育の六つの目標・意義は、そのまま海洋教育のカリキュラム領域といえるでしょう。

しかし、世界の種々の現状を考えるとき、より重点的な方向性を示すべきと考えます。そこで、私たちは三つのキーワードを挙げることにしました。「環境・生命・安全」です。海洋は、私たちを支え、私たちが享受する環境であり、さまざまないのちがつながり、満ちる生命圏であるとともに、私たちすべての生存を左右するエレメントでもあります。海を利用活用するさいにも、何よりもまずそれを公共財(レス・プブリカ)として扱うべきであると考えます。こうした海洋教育は、私たちすべての希望を生みだすでしょう。

日比谷 紀之
海洋アライアンス 機構長
大学院理学系研究科 教授
日比谷 紀之

東京大学には海洋に直接関係する250名以上の研究者および教育者がおり、幅広い領域にまたがる日本最大級の研究者集団を形成しております。

しかし、海を横断的・総合的に考える基盤の確立や、海を取り巻く現代的な課題を解決し得る体制の 構築という意味では多くの課題が残されておりました。

そこで、東京大学では2007年7月3日、東京大学の機構の1つとして「海洋アライアンス」の設立を決定し、7つの研究科、5つの研究所、1つの研究センターを中心として、全学にわたる部局横断的な海洋教育研究の核を形成しました。

海洋アライアンスでは、社会から要請される海洋関連課題の解決に向けて、グローバルな観点から国と社会の未来を考え、海への知識と理解を深め、新しい概念・技術・産業を創出し、関係する学問分野を統合して新たな学問領域を拓いていくとともに、シンクタンクとして我が国の海への取り組みに貢献していく所存です。

日比谷 紀之
海洋リテラシープログラム プログラム長
大学院理学系研究科 教授
茅根 創

海洋教育リテラシープログラムのミッションは、初等中等教育における海洋教育を 促進することです。

活動の中核は、プログラムのもとに設立された「海洋教育促進研究センター」が担っています。初等中等教育における海洋教育の促進とは、教科を離れてひととき海の魅力を知る機会を与えることでも、一握りの海洋研究者を育てることでもありません。1千万人の小中学校の児童生徒、300万人の高校生に等しく教えるべき教育内容を精選し、さらに100万人の教員の方々にカリキュラムを用意しなければなりません。

本プログラムのミッションは、平成29年の小学校・中学校学習指導要領の改訂で、海洋教育の充実が謳われたことによって、一部達成されました。しかし改訂は、社会科の主に領土・領海の記述の充実であり、私たちが目指す、生命、環境、安全という3つの柱からなる海洋教育のうち、安全の一部でしかありません。真の意味での海洋教育を、我が国のすべての学校で実現していくために、私たち海洋学の専門家と教育学の専門家が、現場の教員と協働して引き続き活動してまいります。