2011/11/28
  • 理科(生物)
  • 学習素材

図鑑の写真と生き物の大きさ

海の生き物について調べるのに役立つ図鑑。生き物の絵や写真の他に、その生き物の形の特徴や住んでいる場所など、さまざまな情報が載っています。中でも、実際に海で生き物を探すときに役立つ情報の一つが「生き物の大きさ」です。

下の写真1は、図鑑「三崎の磯の動物ガイド」より、シラユキウミウシという生き物の部分を撮影したものです図鑑の上で測るとおよそ8cmになるウミウシの写真が載っていますが、解説文をよく読むと「体長2cmまで」と書いてあります。このウミウシの実物を定規と一緒に撮影したのが下の写真2で、見ての通り2cm以下の小さなウミウシであることがわかります。この情報に気づかずに「体長8cm」のウミウシを探すと、いつまでたっても目当てのウミウシが見つからないわけです。

このように、図鑑では生き物の特徴をわかりやすく説明するために、写真や図を実物より大きく(小さく)して載せていることがあります。「せっかく海に行ったのに目当ての生き物が見つからない!」といったことが無いよう、「生き物の大きさ」はよく確認しておきましょう。

写真1:図鑑のシラユキウミウシの写真の大きさ
図鑑の写真と生き物の大きさ

写真2:実際のシラユキウミウシの大きさ
図鑑の写真と生き物の大きさ