2011/12/09
  • 理科(生物)
  • 学習素材

ウニは何の仲間?

ウニは何の仲間?

トゲにおおわれた固い殻をもつウニ。このウニが何の仲間かわかりますか?以下の4つから選んでみてください。

1.貝の仲間
2.サンゴの仲間
3.ヒトデの仲間
4.カニの仲間

正解は、3.ヒトデの仲間です。トゲだらけで丸い形のウニとトゲが無くて星形のヒトデ、全然違う形に見えますが、実は体のつくりはよく似ています。

ウニがヒトデの仲間である最もわかりやすい証拠は、トゲをとったウニの殻の模様にあります。写真で見るとわかるように、きれいな五本のすじ状の模様がありますね。また、殻の裏に開いた穴も、よく見ると角の削れた五角形の形をしています。ウニの体はただ丸いのではなく、「膨らんだ五角形」の形をしているのです。一方、ヒトデの星形は「辺が内向きに折れた五角形」です。つまり、ウニもヒトデも「五角形」の体のつくりをしているというわけです。

アカウニの殻
ウニは何の仲間?

このように五角形や星形の体をもつウニやヒトデの仲間を「棘皮(きょくひ)動物」と呼びます。ウニ、ヒトデの他には、ナマコやウミシダなどの動物が棘皮動物に含まれます。「棘皮」とは、「トゲのある皮を持つ」という意味で、体の表面にトゲや小さな骨(骨片)をたくさん持つという、棘皮動物の別の大きな特徴を表しています。

「五角形」で「トゲのある皮」をもつウニやヒトデ。海辺や水族館などで見かけたら、ぜひじっくりと観察してみてください。