2011/12/27
  • 理科(生物)
  • 学習素材

海の観察ガイド(神奈川県小網代荒井浜編) part 4: 海藻・海草編

東京大学海洋教育促進研究センター(日本財団)では、海辺で観察を行うための様々な知識を地域ごとに解説する「海の観察ガイド」を作成しています。このたび、東京大学三崎臨海実験所の協力を得て作成した「神奈川県小網代荒井浜編」を公開する運びとなりました。ここでは、35ページにわたるガイドブックを内容ごとに分割し、その紹介と解説を行います。

part 4 (P19~P20) は、磯で観察できる海藻と海草についての解説です。

海藻と海草はどちらも海辺や海中に生える植物と思われがちですが、実際に植物なのは海草の方で、海藻は植物ではありません。part4の2ページでは、海藻と海草の違いについて図解入りで解説するとともに、いろいろな種類の海藻がどのような環境に住んでいるかを解説しています。動物と比べるとやや地味なイメージのある海藻・海草ですが、よく観察すると様々な色や形のものが見られます。part4で紹介した以外にも様々な種類の海藻・海草がありますので、磯に出たら動物だけでなく海藻・海草にも目を向けてみましょう。

東京大学三崎臨海実験所