2012/11/14
  • 社会科
  • 学習素材

地域によって呼び名が違うボラ

春先になると時々、ボラがニュースに登場します。

漢字で書くと「鯔」です。
海辺で見られ、熱帯・温帯に広く生息されるので食用として親しまれてきました。
現在ではあまりスーパーなどでは見られなくなりました。
ボラは出世魚としても知られていますが、地域呼称がある魚でもあります。
これは、ボラが親しまれてきた大衆魚である証です。

伊勢志摩地方では、昔ボラ漁が盛んでした。

ボラは「イセゴイ」と呼ばれたこともありました。漢字で「伊勢鯉」。
伊勢神宮へお参りにきた人たちに振舞われ、淡泊で美味しい白身魚として知られていました。

ボラの卵巣を塩漬けして、天日で干したものが「からすみ」で、珍味として知られています。

あなたの地域・地元では、ボラをなんて呼びますか?

地域によって呼び名が違うボラ