2012/11/14
  • 国語
  • 学習素材

ボラが出てくる慣用句

ボラは出世魚として名前を変えて、慣用句にでてきます。
これもまた、ボラが大衆魚であった証です。

•とどのつまり=「結局」「行きつくところ」
→「トド」は「これ以上大きくならない」ことから

•「いなせ」=勢いがよく、少し斜に構えた様子
→「イナ」は若い衆の月代の青々とした剃り跡をイナの青灰色でざらついた背中に見たてたことから
→若い衆が粋さを見せるために跳ね上げた髷の形をイナの背びれの形にたとえた」との説もある。

•「おぼこい」=子どもなどの幼い様子、可愛いこと
→「おぼこ」がボラの幼魚の呼び名であることから