2013/08/20
  • 保健体育
  • 学習素材

海の災害及び海辺の安全管理~基本的な応急手当と救急法~

◯海辺の活動についての備えや準備、応急手当の仕方などを知ることができます。

 負傷者や急病人を医師等に引き渡すまでの間に、症状を悪化させない為に一般市民が行う一時的な措置のことを応急手当といいます。止血法や心肺蘇生法等の救急法は、応急手当の中に含まれますが、より緊急性が高いものを救命処置として区別しています。
 医師が行う医療行為や治療と呼ばれるものは、傷病者の状態を改善する為に施す行為であるのに対し、応急手当の目的は、現状維持もしくは急激な悪化を防ぐことにあります。
 この応急手当や救命処置は、資格や修了証等の有無の必要はなく、人間として誰もが知っておかなければならない基本的な知識や技術となります。特に、怪我やその他が非常に多い野外での活動の指導者として、どのような状況においても、常に冷静に対処できるよう、応急手当、救命処置のトレーニングは必須でしょう。
 ここでは、応急手当を行う際に気をつけなければならない基礎的な内を説明します。