2013/08/23
  • 理科(生物)
  • 学習素材

海の生物の成長と殖え方~海洋生物の変態、幼生から成体へ~

海の生物の成長と殖え方~海洋生物の変態、幼生から成体へ~サメ・エイ・ギンザメは、「軟骨魚類」という脊椎動物の中のひとつのグループを形成します。ちなみに、チョウザメやコバンザメはサメの仲間ではありません。アカエイは東アジア沿岸域に広く分布しており、瀬戸内海にも多数生息しています。煮付け、干物、練り製品など食用としての利用頻度も地域によっては高いです。
腹側は白いものの、辺縁部や尾が橙色(黄色)であるため、ホシエイ等の近縁種とは明瞭に区別できます。なお、背中から尾にかけて、正中線には小さな棘がならび、尾の基部に近い部分には長い棘があります。この長い棘には鋸歯状の「返し」があるので刺さると抜けにくく、また毒腺があるためとても危険です。
アカエイは海に生きる生物ですが、河口などの汽水域にも出現します。まれに、用水路などでも発見されることがあるようですが、実際に徐々に海水を薄めていくと、ほぼ淡水に近い環境でも生きることができます。体内には、浸透圧を高く維持するために尿素を高濃度に持ちます。これは、軟骨魚類が海の中で生きるための重要な仕組みです。そのため、死後時間が経過すると、尿素やトリメチルアミンオキシドが分解して、強烈な臭いを発するようになります。
アカエイの雌雄は簡単に見分けられます。総排泄口の後方両側を見ると、雄にはクラスパーという交尾器があります。サメやエイは交尾をする体内受精なので、クラスパーがあれば雄、無ければ雌です。また、卵を産むのではなく、母親の子宮の中で発生・成長する胎生です。卵黄は発生の早い時期に吸収してしまい、その後は子宮内の微絨毛から分泌される「子宮ミルク」を栄養源として成長し、ディスク幅10 cm以上の幼魚が多くの場合10尾以上生まれます。

海の生物の成長と殖え方~海洋生物の変態、幼生から成体へ~