2013/11/08
  • 理科(生物)
  • 学習素材

海の生き物の名前を調べよう

海には多様な生物が暮らしている。それらを大きく分けると以下のようになる。

海の生き物の名前を調べよう○背骨を持つ動物(脊椎動物)
・海棲哺乳類:周りの水温が変わっても体温がほとんど変わらない。仔を産んで殖える。イルカ、クジラ、アシカ、オットセイ、ジュゴンなど
・魚:周りの水温が変わると体温も変わる。卵を産んで殖える。マグロ、ウナギ、アンコウ、タツノオトシゴ、サメ、エイなど。

○背骨を持たない動物(無脊椎動物)
・エビ、カニ、ヤドカリの仲間:体に節がある。体は固い殻でおおわれる。ハサミを含めて10本の足を持つ。
・貝、ウミウシ、イカ、タコの仲間:体は柔らかく、節はない。
・ウニ、ヒトデ、ナマコ、ウミシダの仲間:五放射相称の体を持つ。棘や小さな骨で体が覆われる。
・クラゲ、サンゴ、イソギンチャクの仲間:毒針や粘液を出す特殊な細胞を持つ。肛門がない。
その他、カイメン、ヒラムシ、ゴカイ、コケムシ、フジツボ、ホヤなども無脊椎動物である。

○海藻、海草の仲間(植物)
・海草:陸上の植物と同じグループで、花が咲き、種子で殖える。アマモなど。
・緑藻:緑色の色素をもつ。種子を作らない。アオノリ、ミル、イワズタなど
・褐藻:黄色~茶色の色素をもつ。種子を作らない。ワカメ、コンブ、ヒジキなど
・紅藻:赤色の色素をもつ。種子を作らない。テングサ、アサクサノリなど