2013/10/11
  • 理科(生物)
  • 授業案

海の食物連鎖と生態系のバランス」(8 時間)ー『グランドデザイン』より

1 単元のねらい

海における食物連鎖を理解し,生態系のバランスを維持するために留意すべきことについて互いに話

し合い,日常生活と生態系のバランスについて考えを深めることができるようにする。

2 単元の指導計画

学習活動

[外部連携(参考)]

○海の食物連鎖について学ぼう。

・陸の食物連鎖を参考に,マグロやサメなどを頂点とする食物連鎖についてまとめる。

※独立行政法人水産総合研究センター まぐろ研究所

○海の生態系バランスについて考える。

・マグロ一頭が生活するために,どれほどの生物の支えが必要となるか,考察する。

 

○生活と海の生態系バランスの関係について学ぼう。

・海で起こっている生態系バランスの崩壊の実態について理解し,人間の生活などその原因やプロセスについてグループ討議を行う。議論し,発表する。

・逆に,海の生態系バランスの崩壊によって,私たちにどのような影響を及ぼすか話し合い,発表する。

・人間の生活が海の環境に及ぼす影響について調査をしたり,資料を基にしたりして,まとめる。

※水族館や大学関係から,海で起こっている生態系バランスの崩壊に関する資料(個体数変動のグラフなど)の提供

※水産研究所

※沿岸の工場,下水処理場(水道局),トヨタ・デンソー・東レなどの企業研究(工業廃水より生活排水の方が負荷が高いくらい)

○自分たちの生活を振り返り,改善を図れることについて考える。

・自分たちの住む町の海の実態から,生活を振り返り,優先すべき改善点について自分の意見を基に,シンポジウムを行う。議論しあう。

※大学の研究者を外部講師として調査活動を行

う。コメンテーターとして

本単元を構成する海洋教育カリキュラムの内容

3 H 環境・循環 (1) 海の食物連鎖と生態系のバランス

海における食物連鎖を理解し,生態系のバランスを維持するために留意すべきことについて互いに話し合

い,考えを深めることができるようにする。

ア 陸上の食物連鎖と同様に,生産者,一次消費者,二次消費者など,海にも食物連鎖があることを知ること。

イ 海の生態系のバランスと私たちの生活に密接な関係があることについて考えること。

ウ 海の生態系のバランスが崩れる原因として,海の生物を取り巻く環境の変化や私たちの生活の営みが深く関係していることを理解すること。