2013/10/11
  • 英語
  • 授業案

ウミガメは今(6 時間)ー『グランドデザイン』より

1 単元のねらい

「ウミガメは今」の英文を読み,ウミガメの数が減っている現状とその理由を知り,英文で質問したり答えたりする活動を通して,ウミガメや海を守るためのキャッチコピーをつくることができるようにする。

2 単元の指導計画
出典:GAKKO TOSHO TOTAL ENGLISH 1

学習活動

[外部連携(参考)]

○英文「ウミガメは今」を音読する。

dolphinwhale など海の生物の単語を調べる。

・ウミガメの生態などについて調べる。

・語句の発音,強勢,抑揚に留意しながら,感情を込めて音読する。

○ウミガメの今の内容について確認し,現状について理解する。

・ウミガメが減っている実態とその原因を調べる。

・ウミガメの数の減少についてその他の資料を調べる。

・ビデオや資料を集めて調べる。

※水族館などの海洋関係の外部講師は,ウミガメについてはもちろんその他の生物についても,生態について説明したり,数の減少など,現状や原因についても説明したりして,興味

をもたせる。

※名古屋港水族館

※日本ウミガメ協会,協議会,和歌山,日和佐

(博物館あり)

○ 数の減少の理由やこれからどうすればいいのかについて知り,英語で質問をしたり,説明をしたりする。

・「ウミガメは今」の内容に対する質問を,友だちと協力してDo What を使ってつくる。

・ウミガメの数の減少の理由など,みんなでつくった質問に対して,説明できる英文をつくる。

・質問と説明を練習する。

○ウミガメを守るためにできることを考え,写真のキャッチコピーを英文や日本語であらわす。

NPO 法人や環境保護に携わっている方は,実際にどんな取組をして海の生物を守ろうとしているか,取組を紹介したり,日頃の心がけで簡単にできることを紹介したりする。

※在日英語ネイティブ留学生(海の研究者でもそうでなくても),ALT

本単元を構成する海洋教育カリキュラムの内容

3 L 国際 (1) 海に関する英文を読むこと

海洋文学や海にかかわる様々な問題に関する英文を読み,広い視野から国際理解や地球規模での環境問題に関する理解を深め,国際社会・地球環境に生きる人としての自覚を高め,英文や日本語で発信することができるようにする。

ア 英語で書かれた海洋文学を読むこと。

イ 捕鯨問題など,海で起きている国際的な問題に関する英文を読むこと。

ウ 海外から見た日本について書かれた英文を読み,日本に関する理解を高めること。

エ 自分の考えを英文で伝えること。