2013/10/15
  • 総合的な学習
  • 授業案

○○浜公園 だあいすき!(8 時間)ー『グランドデザイン』より

1 単元のねらい

海浜公園などの公共施設を利用し、浜辺の生き物を見付けたり砂浜で遊んだりする活動を通して、海の生き物の面白さや不思議さに関心をもつとともに、浜辺の活動の楽しさや心地よさを味わい、進んで海にかかわることができるようにする。

2 単元の指導計画

学習活動

[外部連携(参考)]

○校外学習の目的地「海の公園」の環境や生き物などについて知り、そこでできそうな遊びを考える。

・カニとか貝をとりたいな。

・砂を使って、みんなで大きなお城を作ってみたいな。

○校外学習のめあてや注意事項について話し合う。

・今までのまち探検で気を付けたことと同じかな。

・「海の先生」に教えてもらったことをヒントにして考えよう。

臨海公園の管理者や水族館の職員は学校へ赴き、実際の海で児童が見付けたり触れたりすることのできる生き物の写真や実物を示して話し、校外学習への関心を高めたり、めあてづくりのヒントを与える。

【「海の公園」での校外学習を実施する】

○公園を管理する方から、海での活動について話を伺う。

・自分勝手に貝を捕ったら、みんなが楽しめる海にはならないんだね。

・見付け方のコツが分かったよ。早く探したいな。

浜辺の活動(1)「生き物を見付けよう」

・これがイソギンチャクか。初めて見たよ。

・石をどかすと、カニがかくれているよ。

・「海の先生」は貝を見付けるのが上手だね。

・探し方のコツが分かると、いろんなものが見つかるね!

○浜辺の活動(2)「砂であそぼう」

・大きな顔ができたよ。海藻を使って髪の毛にしたんだ。

・力を合わせたらこんなに大きな山ができたよ。

・砂を掘ったら水が出てきたよ。お風呂ができちゃった。

・砂浜って、こんなに楽しいことができる所なんだね。

・砂の中に宝石みたいなものがあったよ。何だろう。

臨海公園の管理者は施設の安全な利用や砂浜と磯で見られる生き物のちがいなどについて説明する。

水族館の職員、または大学の研究者や学生などの外部講師は、児童と一緒に浜辺の活動を行い、体験を通して詳しい知識

を伝え、海の生き物の面白さや不思議さが分かるようにする。

臨海公園の管理者や水族館の職員は、親しくなった子どもたちに、海への思いや願いをできるだけ短い言葉で語る。

○校外学習の思い出を絵や文に表し、伝え合う。

・拾った貝やシーグラスを使って絵に模様を付けてみたよ。

・気もちがよかったね、今度は家族と一緒に行きたいな。

・「海開き」になったら、泳ぎに行きたいな。

・お世話になった「海の先生」にお礼の手紙が書きたいな。

 

本単元を構成する海洋教育カリキュラムの内容

-A-a-(1) 浜辺の生き物を見付けよう

浜辺の生き物を見付け,海の生き物の面白さや不思議さに関心をもち,進んで海にかかわることができるようにする。

ア 砂浜や磯の生き物を見付けたり観察したりすること。

イ 砂浜や磯の生き物の特徴に気付くこと。

-A-a-(2) 砂浜で遊ぼう

砂浜での遊びを通して,浜辺の活動の楽しさや心地よさを味わい,進んで海にかかわることができるようにする。

ア 砂・漂着物・海藻など,海の自然の材料を利用して遊ぶこと。

イ 波・潮の満ち干など,海の自然現象を生かして遊ぶこと。