2013/10/15
  • 理科(生物)
  • 授業案

海の生き物研究所(海の生き物を調べよう)(7 時間)ー『グランドデザイン』より

1 単元のねらい

海のいろいろな場所にすむ生き物の違いを調べ、生き物と周辺の環境の関係について理解することができるようにする。

2 単元の指導計画

学習活動

[外部連携(参考)]

海に行って、生き物さがしをする。

・探した生き物を観察する。

どんな色、形、大きさかどんな所にいたか
など、観点をもって観察する。

・観察カードを見せ合う。

色、形、いた場所などを観点にして同じもの、似ているもの違うものなど仲間分けする。

専門家の話を聞く。

 ↓

「海の生き物についてもっと知りたい!」

水族館の職員、博物館の学芸員、海の公園の管理者、大学の研究者が色、形、大きさなど、着眼点を具体的に示しながら、一緒に活動する。

観察した生き物をカードにかくときの特徴をつかんでかくための技法を教える。

米仲間分けしたカードに関連する生き物について、写真を提示しながら色、形、いる場所を紹介する。見付けられなかった生き物や別な場所にすんでいる生き物に興味をもつきっかけとなるような生き物を紹介する。

 

  1

  1

○海の生き物について調べる。

・観察した生き物をきっかけにして、資料や図鑑で仲間集めをしながら様々な海の生き物について調べる。

・調べたものをカードにまとめる。

・カードを仲間分けしてみて、分かったことについて話し合い、自分なりの考えをまとめる。

○『海の生き物研究所』研究発表会を開く。

・カードを壁新聞やアルバムにする。

・分かったことについて発表する準備をする。

・発表会をする。

事前に資料や図鑑を紹介する。

分からなかったことやもっと知りたいことについての質問を電話やFAX、メールで受け付ける。

子どもたちの努力や工夫についてほめたり、励ましたりする。さらに、子どもたちが今後に興味を持続するような生き物について情報を提供する。

本単元を構成する海洋教育カリキュラムの内容

-B-b-(1) いろいろな場所にすむ生き物を調べよう

いろいろな場所にすむ生き物の違いを調べ,生き物と周辺の環境の関係について理解することができるよにする。

ア 生き物の色,形,大きさなどの姿が違うこと。