2013/10/15
  • 社会科
  • 授業案

海岸大発見!海岸の環境保全に取り組もう(15 時間)ー『グランドデザイン』より

1 単元のねらい

□□海岸の環境を調べることを通して、海岸の自然環境の状況や、自分たちの生活が自然環境に及ぼしている影響をに気付き、自分たちができることについて考えることができるようにする。

 

2 単元の指導計画

学習活動

[外部連携(参考)]

○フィールドビンゴを通して、□□海岸を歩く。

・海にはいろいろなものがたくさんあるね。

○海岸で見られる物を整理する。

・フィールドビンゴのカードを使って漂流物や生き物・ゴミに仲間分けしてみよう。ゴミと生きものも多いね。

○もう一度海岸に行き、生き物の観察をする。

・僕は、砂浜に貝がいたと思うから、砂浜グループになったよ。砂浜の生き物には5 種類の貝がいて、奥の方には「シオフキガイ」なんていう珍しい貝もいたよ。

ネイチャーゲーム協会の指導員が教師と一緒にフィールドビンゴの指導を行う。

地元の漁師や臨海公園の管理者・水族館の職員・学芸員・大学・研究者・学生・ボランティアなど地域の海辺の生き物に詳しい人が、安全を確保した上で、生き物の棲んでいる場所、見付けやすい場所、その特徴、名前、などを教えたり、質問に答えたりする。

○見られた海の生きものを地図上に表し、環境とのかかわりを考える。

・フナムシは堤防や、岩の水のかからない所に多くいた。泳げないからだと思うよ。

ゲストティーチャーの話を聴き、生活排水やゴミの捨て方などが海辺の生き物に影響を及ぼしていることを知る。

・僕たちのゴミの出し方も大事なんだな。

○下水処理場に行き、その仕組みについて学ぶ

・自分たちでもできることがたくさんあるんだな。お母さんに教えてあげよう。

浄水場や水道局・NPO法人・清掃局・大学の研究者・公安事務所・市役所の衛生研究担当者・環境課・など地域の海辺に詳しい人が生活排水が富栄養化を招いていることやオイルボールの問題、不法投棄、ポイ捨ての問題(マナー違反)、ペレットの問題などを、具体的な例示を基に写真やビデオなどを用いて分かりやすい話をする。

下水処理施設の方が下水の処理の方法や各家庭で気を付けてほしいことなどの話をする。その際、実際のオイルボールを提示するなど体験的に学べるようにする。

○自分たちの身の回りの生活を見直し、できることを計画する。

・油を下水に流さない工夫無いかな?

・ごみ拾いだったらぼくたちでもできるよ。

○計画を基に実践する。

・石けん作りなど廃油を捨てずに使う方法を知る。

・海岸の清掃活動に参加する

自治体の環境課やNPO法人、地域のボランティア団体に参加している人が、廃油を有効利用する方法を活動を通して、実際に教える。

自治体の環境課やNPO法人、地域のサークルに参加している人が、子どもと一緒に地域の清掃活動に活動する。

本単元を構成する海洋教育カリキュラムの内容

-C-a-(1) 海岸の環境保全に取り組もう

海岸の環境保全に取り組み,海岸の自然環境の状況や,自分たちの生活が自然環境に及ぼしている影響及び,自分たちができることについて考えることができるようにする。

ア 海辺の生き物はその周辺の環境とかかわって生きていること。

イ 生活排水やゴミの捨て方などが,海辺の生き物や海洋環境に影響を与えていること。

ウ 今までの自分の生活を省みて,これからの生活を見直すこと。