2013/10/15
  • 理科(生物)
  • 授業案

生物の分類と系統ー『グランドデザイン』より

1.本単元を扱う教科・科目:

生物

 

2.単元の目標・ねらい:

生物の分類と系統を,観察・実験などを通して探究し,自然に対する関心や探究心を高める。生物界の多様性を理解させ,分類についての見方や考え方を身に付けさせる。生物の分類と系統に関して基本的な概念への理解を深め,科学的な自然観を育成する。

 

3.学習指導要領における該当箇所:

5 節 理科

7 生物

2 内容

5)生物の進化と系統

生物の進化の過程とその仕組み及び生物の系統について,観察,実験などを通して探究し,生物界

の多様性と系統を理解させ,進化についての考え方を身に付けさせる。

イ 生物の系統

() 生物の系統

生物はその系統に基づいて分類できることを理解すること。

ウ 生物の進化と系統に関する探究活動

生物の進化と系統に関する探究活動を行い,学習内容の理解を深めるとともに,生物学的に

探究する能力を高めること。

 

4.本単元の中心となる教材:

農作物や魚介,園芸植物,ペットなど,身近な動植物など生徒が知っている生物を活用する。それらを実際に観察し解剖することで,分類の決め手となる形質についての理解を助ける。

海は,広く多様な分類群の生物が生息する場所であり,本単元の学習によい教材を提供してくれる。海へ出かけていくことのできる高校ならぜひ,磯や干潟で生物採集・観察を行いたい。

海へ出かけることのできない学校では,国立科学博物館や大学などのHP で公開されている生物の写真や標本,バーチャル体験のできる教材を活用することで,多様な生物の門を学習することができる。

 

5本単元ではぐくみたいコンピテンシー(能力・態度)

海に関して適切な情報を収集し,総合的に判断する能力[情報収集・判断]

海の諸場面で円滑なコミュニケーションを行うために他者を理解し自己を表現する能力[対話]

海の諸問題にかかわる関係者間の調整を試みながら問題を解決する能力[問題解決]

海の恵みを持続的に利用できる能力[持続的利用]

海に親しみ大切にする態度[感動]

海を介した時空間的なつながりを尊重する態度[関係]

海の諸問題に関して自ら責任ある行動を起こす積極的な態度[主体]

未来を見据え変わりゆく社会に対応できるよう海に関する知識や技能を継続的に学習する態度[継続]

 

6本単元で扱う内容領域(知識・技能)

A.生活・健康・安全;漁業,水産加工

G.生命;磯,干潟,藻場,潮汐,分類

H.環境;外来生物

I.資源・エネルギー; 生物資源

K.管理;漁業権,水産資源保護

 

7.本単元の留意点(本単元の学習過程の特徴・他教科との関連・外部連携と学習活動の発展など):

農作物や魚介などの食材,園芸植物,ペットなど生徒にとって身近な生物をできるだけたくさん挙げさせ分類と系統の理解の助けとする。しかしそれらは地球の多様な生物のほんの一部である。海の生物,海藻や磯の生物で多様な分類群について学ぶ。

生物名の羅列は,分類・系統の学習を退屈なものとする。写真や標本,観察や解剖を通して,理解を深める。図鑑やHPで調べる活動を活用する。

多くの分類群とその特徴を学ぶことにも意味があるが,どれか1 つの界や門などをテーマにして分類法や分岐分類の方法を学ぶというやり方もある。

海水浴などのレジャーを通して海に親しみ海を知るだけでなく,多様な生物の生息域として海への理解を深める。既習の理科総合AB や生物I,あるいは家庭科やその他の教科の教科書に出てくる生物を分類してみるのも面白い。保健体育ではヒトの骨格と筋肉を学んでいる。脊椎動物の骨格の相同性の理解に関連する。また,疾病・検疫伝染病の項目ではバクテリアやウィルスが扱われている。

磯や干潟での生物の観察や採集においては,漁協への連絡が必要である。水産資源としての海の生物を乱獲したり,環境を荒さない配慮が必要である。潮の満引や気象条件に留意し,災害時の衆を避難経路を確認して観察を行う。

国立科学博物館や大学などのHP で公開されている生物の写真や貸出標本の利用。バーチャル体験のできる教材の活用。

水族館や動物園,植物園の見学,博物館や臨海実験所などが主催する海の観察会などへの参加など。

国立科学博物館

デジタル学習コンテンツ,磯の動物観察会 http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/iso/index.html

イベント http://www.kahaku.go.jp/event/index.php

日本の海藻
http://www.tbg.kahaku.go.jp/research/database/seaweedworld/c/top_list_C.html

学習シート http://www.kahaku.go.jp/education/work_sheet/pdf_2009/1f-3-2.pdf

千葉大学 海藻海草標本図鑑 http://www-es.s.chiba-u.ac.jp/kominato/choshi/algae/index.html

奥野カルタ店 「野菜カード」

三崎臨海実験所HP「バーチャル自然観察会」

http://www2.mmbs.s.u-tokyo.ac.jp/hiroba/kansatsukai/index2.html