教育関係の皆様へ

育成を目指す資質・能力の三つの柱

「確かな学力」「健やかな体」「豊かな心」を総合的にとらえて構造化

学びに向かう力人間性等
どのように社会・世界と関わり、より良い人生を送るか
知識・技能
何を理解しているか何ができるか
思考力・判断力・表現力等
理解していること、できることをどう使うか

幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)(中教審第197号)補足資料 (1/8)より

学習指導要領と海洋教育

2017年3月に、文部科学省より新しい学習指導要領が公示されました。これは、変化が激しくますます多様で複雑化していくこれからの社会において、子供たちがしっかりとした「未来対応」の力をつけていくために考えられた教育課程の基準です。そこでは、子供たちに育成する力が、新しい時代に必要となる「資質・能力」として、次の3つに整理されています。

1.生きて働く知識・技能
2.未知の状況にも対応できる思考力・判断力、表現力
3.学びに向かう力、人間性

このような「資質・能力」の育成は学校が中心となりつつも、そのめざすところを地域や社会の人々と共有・連携しながら実現させることが大切です。特徴ある地域の自然や歴史は、学校と地域・社会をつなぐ大切な学習材となります。

海に囲まれた我が国において、「海と人との共生」という理念を掲げる海洋教育は、このような学習指導要領の目指すところと方向性が合致しています。海の豊かな自然に親しみ、海について興味・関心を持ち進んで調べ、海の利用の実態やその歴史について深く学ぶとともに、海を守る心を育み、保全の態度を涵養することは、海洋教育を通して子供に育成することができる大切な「資質・能力」といえます。また、教科の学習や総合的な学習における子供の学びと関係づけるとともに、地域の人や社会と連携し、そこでの自然や歴史を貴重な素材として取り上げ教材開発を行うことは、まさに海洋教育がこれまでやってきたことです。

新学習指導要領は2020年度より全面実施が予定されていますが、海洋教育もまた、子どもの資質・能力の育成を図るとともに、「社会に開かれた海洋教育」として一層の研究開発を行っていきます。

  • 2018/07/26
    • お知らせ
    【中止決定】台風接近に伴うイベント実施判断について(7/29 第6回東京大学海洋教育フォーラム)

    (最新情報)更新:8/7 19:35

    台風の影響で7/29の実施を取りやめていた「第6回東京大学海洋教育フォーラム」は、延期実施を行わず正式に中止といたします。

    イベントにご期待いただきました皆さま、申し訳ございません。

    (以上、8/7 19:35掲載)

    ———-

    7/29に実施予定でした「第6回東京大学海洋教育フォーラム」は、台風の接近に伴い実施を取りやめます。

     

    全国からご参加いただく皆さまの安全確保の観点から
    29日に実施予定でした「第6回東京大学海洋教育フォーラム」は実施を取りやめます。

    再実施を行う場合の日程等については、改めて本ホームページでお知らせいたします。
    ご参加を楽しみにしてくださっていた皆さま、申し訳ございません。

    (以上、7/27 19:00掲載)

    ———-

    26日現在、掲題イベント実施前後に関東地方に台風12号が接近するという予報が出ております。

    (参考 気象庁:https://www.jma.go.jp/jp/typh/1812.html

    そのため、安全確保の観点から同イベントについては28日(土)24時(29日(日)0時)までに最終的な実施、中止の判断を行います。

    実施判断の基準となるのは

    ・暴風警報、大雨警報、洪水警報などの各種警報

    ・都内交通機関の大幅な乱れや運休(運休・欠航等予定を含む)

    です。

     

    実施予定については本ページにて逐次お伝えいたしますが、ご参加に際してはみなさま各自でも気象情報等をご確認のうえ、ご無理のないようご判断をお願いいたします。

    なお、当日欠席される場合の当センターへの欠席連絡は不要です。

     

    ※第6回東京大学海洋教育フォーラムのイベント概要はこちらをご覧ください。

    (以上、7/26 12:25掲載)

  • 2018/07/11
    • お知らせ
    【対象者向け】平成30年度「東京都教職員研修」に係る連絡事項(研修番号4442)

    表題につきまして、以下の通りご連絡いたします。

    ———-

    研修番号

                 研修番号4442 理数系教員指導力向上研修42

    研修名

                 コンピュータで学ぶ波動現象-単振動のグラフ化から津波の数値シミュレーションまで-

    日時

                 2018年8月20日(月曜日) 9:00-17:00 (途中に昼休みを挟む)

    会場

        東京大学本郷キャンパス 理学部1号館3階331号室

        https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/map/map02.html

    担当講師

             丹羽淑博(東京大学海洋アライアンス・特任准教授)専門:海洋物理学

    研修内容

    1. グラフ作成ソフトGnuplotのインストール・使い方
    2. 単振動、進行波動の可視化
    3. プログラミング言語Fortranコンパイラーのインストール
    4. Fortranのプログラムの実行・文法の基礎
    5. 数値シミュレーションの基礎
    6. 津波の物理法則
    7. 津波の数値シミュレーション

    留意点

                 ・筆記用具をご用意ください。

                 ・ノートパソコン(OS Windows 7)を使用します。

                 ・こちらでパソコンを用意するので、各自パソコンをご用意いただく必要はございません。

    各自お持ちいただいたパソコン(OS Windows7 or 10)もご使用可能です。

                 ・データ可視化にグラフ作成ソフトGnuplot(フリーソフト)を使用。

                 ・プログラミング言語はFortranを使用。

                 ・Fortranプログラム実行に必要なコンパイラーはフリーソフトを使用。

                 ・Fortranプログラミング言語の経験・知識は不要です。

    連絡先

        丹羽淑博(東京大学海洋アライアンス)

      Eメール: niwa@oa.u-tokyo.ac.jp 電話番号:03-5841-1988

    ———-

    以上

  • 2018/07/11
    • お知らせ
    【対象者向け】平成30年度「東京都教職員研修」に係る連絡事項(研修番号4441)

    表題につきまして、以下の通りご連絡いたします。

    ———-

    研修番号

                 研修番号4441 理数系教員指導力向上研修41

    研修名

                 海はめぐる-海洋科学の基礎と発展-

    日時

                 2018年8月16日(木曜日) 13:30-17:00

    会場

                 東京大学本郷キャンパス 理学部1号館3階336号室

        https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/map/map02.html

    担当講師

             轡田邦夫(東海大学海洋学部海洋地球科学科・教授) 専門:海洋物理学

             市川洋(元海洋開発研究機構・上席研究員) 専門:海洋物理学

    研修内容

    1. 海洋の層構造、海水の運動と循環(担当講師:轡田邦夫)
    2. 海洋循環と気候変動(担当講師:市川洋)

    留意点

     ・筆記用具・ノートをご用意ください。

     ・今後の研修の参考にするため研修後にアンケート調査にご協力ください。

    連絡先

        丹羽淑博(東京大学海洋アライアンス)

      Eメール: niwa@oa.u-tokyo.ac.jp 電話番号:03-5841-1988

    ———-

    以上

  • 2018/07/11
    • お知らせ
    【対象者向け】平成30年度「東京都教職員研修」に係る連絡事項(研修番号4440)

    表題について、以下の通りご連絡いたします。

    ———-

    研修番号

                 研修番号4440 理数系教員指導力向上研修40

    研修名

                 小学校理科を広げる海洋教育パッケージ

    日時

                 2018年8月3日(金曜日) 13:00-17:00 (開始時刻にご注意下さい)

    会場

                 東京大学本郷キャンパス 理学部1号館7階 710号室

            https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/map/map02.html

    担当講師

    川上真哉(東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター・特任研究員)専門:理科教育学

    研修内容

    1.【講義・討論・演習】新学習指導要領における理科教育と海洋教育

    2.【講義・討論・実験】小学校第5学年「流水の働き」を充実させる海洋教育

    3.【講義・討論・実験】小学校第6学年「土地のつくりと変化」を充実させる海洋教育

    4.【講義・討論・実験】中学校第1学年「地層の重なりと過去の様子」を充実させる海洋教育

    5.【講義・討論・実験】小学校第3・4学年理科の「活用」を充実させる海洋教育

    6.【講義・討論・演習】カリキュラムマネジメントと海洋教育

    留意点

    ・水や土を扱いますので、適した服装でお越しください。

    ・参加型の研修ですので、特に積極的な姿勢でご参加ください。

    ・実験材料等の持ち帰りのために、大きめのバッグを持参されることをお勧めします。

    連絡先

    川上真哉(東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター)
    Eメール:  kawakami@oa.u-tokyo.ac.jp 電話番号:03-5841-2911

    ———-

    以上

  • 2018/06/06
    • イベント
    【中止決定】第6回東京大学海洋教育フォーラム「海の魅力を子どもの学びへ」(7/29)

    (最新情報)更新:8/7 19:35

    台風の影響で7/29の実施を取りやめていた「第6回東京大学海洋教育フォーラム」は、延期実施を行わず正式に中止といたします。

    イベントにご期待いただきました皆さま、申し訳ございません。

    詳細はこちらをご覧ください。
    【概要】
    いま、日本のみならず世界にて海洋教育に取り組む学校が増えています。
    その背景には、わたしたちの生活を根底的に支える海の保全という、社会的な課題への取り組みもありますが、
    それは何よりも、海そのものに魅力があるということの現れであるように思われます。
    海の魅力を子どもたちの学びへとつなげていくこと、それが海洋教育であるといっても過言ではないでしょう。
    本イベントの第一部では、海の魅力を発信してきた方を講師にお招きし海の魅力を再発見し、第二部においてはそれを学びへとつなげていくための方法についてディスカションします。
    【日時】
     2018(平成30)年7月29日(日曜日) 10:00-13:10(9:30受付開始)
    【主催】
     東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター・日本財団
    【会場】
     東京大学本郷キャンパス 理学部1号館(東京都文京区)(マップ
    【対象】
     小・中・高・大学の教員や社会教育施設等の教育関係者、学生、一般の方
    【定員】
     80名程度(先着順)
    【参加費】
     無料
    【参加申し込み方法】※7/11時点で残席がわずかとなっております※
     参加申込フォームに必要事項を入力のうえ、当日直接会場にお越しください。
     事前申込のない当日参加は受付をいたしかねる場合があります。
     ※1 申込入力可能期間:2018(平成30)年7月27日(金曜日)23:59まで。定員を超過した場合はその時点で入力受付を終了いたします。
     ※2 フォームへのアクセスができない場合には、メールにて参加申込を受け付けます。
       件名を「第6回東京大学海洋教育フォーラム参加希望」とし、
       本文に「氏名・氏名フリガナ・連絡先メールアドレス・ご職業・ご所属・参加プログラム(第二部はテーマ(1)(2)いずれに参加するか)」を明記のうえ、
       事務局(rcme-info@oa.u-tokyo.ac.jp @は半角)宛に送信してください。
    【プログラム】(敬称略)
     ※以下プログラムは7月26日現在の予定です。
     <開会行事>10:00-10:20(会場:理学部1号館小柴ホール)
        10:00-10:10 開催挨拶(日本財団)
        10:10-10:20 全体主旨説明
     <第一部:「海の魅力の発信」をテーマとした講演会>10:20-11:45(会場:理学部1号館小柴ホール)
        10:20-11:40 講演(質疑含む)
      (講演者) 藤原 義弘氏(JAMSTEC)・岩崎 弘倫氏(㈱NHKエンタープライズ)
        11:40-11:45 第二部説明
        (11:45-11:55 休憩・移動)
     <第二部:海の魅力を学びへとつなげる方法についてのディスカッション>11:55-12:40
        テーマ(1)海の魅力を伝えるための授業づくり(会場:理学部1号館2階206)
        テーマ(2)海の魅力を伝えるための体制づくり(会場:理学部1号館2階207)
        (12:40-12:45 移動)
     <まとめ・閉会行事>12:45-13:10(会場:理学部1号館小柴ホール)
        12:45-13:00 第二部の成果共有
        13:00-13:10 閉会挨拶(東京大学)
    【お問い合わせ先】
     〒113-0032 東京都文京区弥生2-11-16 東京大学浅野地区理学部3号館320A
     東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター事務局
     メール:rcme-info@oa.u-tokyo.ac.jp(@を半角に変えて送信してください)
     電話: 03-5841-4395 FAX: 03-5841-4380