教育関係の皆様へ

育成を目指す資質・能力の三つの柱

「確かな学力」「健やかな体」「豊かな心」を総合的にとらえて構造化

学びに向かう力人間性等
どのように社会・世界と関わり、より良い人生を送るか
知識・技能
何を理解しているか何ができるか
思考力・判断力・表現力等
理解していること、できることをどう使うか

幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)(中教審第197号)補足資料 (1/8)より

学習指導要領と海洋教育

2017年3月に、文部科学省より新しい学習指導要領が公示されました。これは、変化が激しくますます多様で複雑化していくこれからの社会において、子供たちがしっかりとした「未来対応」の力をつけていくために考えられた教育課程の基準です。そこでは、子供たちに育成する力が、新しい時代に必要となる「資質・能力」として、次の3つに整理されています。

1.生きて働く知識・技能
2.未知の状況にも対応できる思考力・判断力、表現力
3.学びに向かう力、人間性

このような「資質・能力」の育成は学校が中心となりつつも、そのめざすところを地域や社会の人々と共有・連携しながら実現させることが大切です。特徴ある地域の自然や歴史は、学校と地域・社会をつなぐ大切な学習材となります。

海に囲まれた我が国において、「海と人との共生」という理念を掲げる海洋教育は、このような学習指導要領の目指すところと方向性が合致しています。海の豊かな自然に親しみ、海について興味・関心を持ち進んで調べ、海の利用の実態やその歴史について深く学ぶとともに、海を守る心を育み、保全の態度を涵養することは、海洋教育を通して子供に育成することができる大切な「資質・能力」といえます。また、教科の学習や総合的な学習における子供の学びと関係づけるとともに、地域の人や社会と連携し、そこでの自然や歴史を貴重な素材として取り上げ教材開発を行うことは、まさに海洋教育がこれまでやってきたことです。

新学習指導要領は2020年度より全面実施が予定されていますが、海洋教育もまた、子どもの資質・能力の育成を図るとともに、「社会に開かれた海洋教育」として一層の研究開発を行っていきます。

  • 2018/02/23
    • お知らせ
    2018年度「海の学び・生涯学習プロジェクト」実施のお知らせ

    東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センターでは、昨年度に引き続き

    社会教育施設等を対象とする「海の学び・生涯学習プロジェクト」を実施いたします。

    ※学校・教育委員会は本プロジェクトの応募主体とはなれませんので、十分にご注意ください。

     

    1.目的

    本プロジェクトは、社会教育施設(水族館・博物館)等と学校が連携して実施する海洋教育プログラムの開発の奨励を主目的として、「開発奨励金」の交付を行います。

    あわせて、社会教育施設等で独自に実施する海洋教育プログラム開発についても奨励します。

    こうした奨励の結果取り組まれた海洋教育プログラムの成果を取りまとめることにより、海洋教育に取り組む社会教育施設等のネットワーキングを促すことや、

    海洋教育に係る政策提言を行う際の基礎資料の作成をはかることを目指します。

     

    2.対象

    ・社会教育施設(水族館・博物館)等が学校との連携のもとで実施する海洋教育プログラム

    ・社会教育施設(水族館・博物館)等が独自に実施する海洋教育プログラム

     

    3.教育プログラム開発奨励金

    ・申請の単位は教育プログラムごととなります。

    ・一申請ごとに、教育プログラム開発奨励金30万円(上限)。

    ※ 一施設・団体から最大2件の申請が可能です。

    ※ 採択件数は10件程度の予定です。

     

    4.申請条件

    下記全ての条件を満たすこと。

    ①申請対象の教育プログラムは、2018年5月1日(火)以降に開始し、2018年12月31日(月)までに終了すること。

    ②①の期間内に開発奨励金の執行を残額なく確定させ、実際の支払いについても2019年1月31日(木)までに完了させること。

    ③教育プログラム終了後すみやかに、別途当センターが定める所定の様式にて会計報告及び活動報告を行うこと(最終期限は2019年1月31日(木))。その際、活動の様子を収めた写真や実施記録・レポート等を提出できること。また別途、当センターが実施するイベント等での成果報告を求めることがあります(報告に係る旅費は当センターより支給予定。詳細は決定次第別途お知らせいたします)。

     

    5.提出物

    ①申請書3種:様式A(基礎情報)、様式B(教育プログラム)、様式C(予算執行計画)

    ②社会教育施設等案内(社会教育施設等の詳細がわかるもの。ただし過年度までの本プロジェクトに申請を行い、既に提出済の施設・団体については不要)

    ③教育プログラム補足説明資料(必要な場合のみ)

     

    6.申請締切日

    201846日(金)

    ①申請書3種の電子ファイルの電子メールによる送付は、同日15:00必着。

    ②申請書3種の原本(様式Aには責任者自署・捺印要)・社会教育施設等案内・補足資料の郵送は、同日消印有効。

    申請には、電子メールによる電子ファイルの送付と郵送による原本等の送付の双方が必要です。

     

    【その他注意事項等につきましては、必ず募集要項をご確認ください。】

     

    本プロジェクトへの申請を希望される方は、以下より募集要項及びファイルをダウンロードのうえ期日までに申請を行ってください。

    皆さまからのご応募をお待ち申し上げております。

     

    2018年度海の学び・生涯学習プロジェクト募集要項

    申請書・様式A(2018)

    申請書・様式B(2018)

    申請書・様式C(2018)

     

    (本件に係るお問い合わせ)

    東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター事務局(担当:加藤)

    メール:rcme-info@oa.u-tokyo.ac.jp

    TEL:03-5841-4395 FAX:03-5841-4380(平日9:30~17:00)

    ホームページ:http://rcme.oa.u-tokyo.ac.jp/

  • 2018/01/06
    • イベント
    【終了いたしました】3/18「対話と探究がつむぎだす海と人との関わり」

    対話と探究がつむぎだす海と人との関わり-ディープ・アクティブラーニングの地平-

    【開催概要】
    東京と沖縄の小・中・高校生が連携し、海を介して人を知り、より“深い学び“を実現するためのディープ・アクティブラーニングを目指した教育実践を進めています。この連携授業は、<海と人との関わり>をキーワードに、「海を学ぶ」東大附属学校が中心となり、「海に学ぶ」沖縄本島の珊瑚舎スコーレ・夜間中学校の生徒(高齢者)、「海で学ぶ」宮古島市に属する池間島の小・中学生とが、ともに課題を共有しながら協働的に学びを進めてきました。本イベントでは、異なる地域、異なる世代の人々が対話を重ねることを通して、より深くから主体性を獲得していった実践の報告と、協働して紡いてきた学びの成果を報告いたします。本イベントを通して、ディープ・アクティブラーニング型の学習を取り入れた新たな海洋教育の可能性を拓きます。
    なお、本イベントは海洋教育パイオニアスクールプログラム地域展開部門の成果報告会も兼ねております。


    日程:2018年3月18日(日)
    場所:東京大学本郷キャンパス・福武ホール ラーニングシアター
    主催:東京大学教育学部附属中等教育学校、同海洋アライアンス海洋教育促進研究センター、同大学院教育学研究科学校教育高度化・効果検証センター、日本財団
    共催:宮古島市教育委員会、宮古島市立池間小中学校、特定非営利活動法人珊瑚舎スコーレ、笹川平和財団海洋政策研究所
    参加費:無料
    定員:180名(先着順)

    プログラム

    ■午前の部
    10:30-10:40 開催挨拶
    10:40-11:50 生徒による成果発表
    11:50-12:10  生徒によるパネルディスカッション
    コーディネーター:福島昌子(東大附属学校)

    ■午後の部
    13:30-13:50 主催者挨拶
    恒吉僚子(教育学部附属中等教育学校校長・教育学研究科教授)
    能智正博(教育学研究科学校教育高度化・効果検証センター長・教育学研究科教授)
    屋嘉比邦昭(池間小中学校校長)
    星野人史(珊瑚舎スコーレ校長)
    13:50-15:40 教員による実践報告
    前川尚代(池間小中学校)
    星野人史(珊瑚舎スコーレ・夜間中学校)
    福島昌子(東大附属学校)
    15:40-16:00 実践発表の共有
    16:10-16:50  生徒・教員によるパネルディスカッション
    コーディネーター:小玉重夫(教育学部・教育学研究科研究科長)
    16:50-17:00  講評
    田中智志(海洋教育促進研究センター長・教育学研究科教授)
    17:00-17:10  閉会の挨拶
    海洋教育促進研究センター