東京大学
「第2回全国海洋教育サミット」(2015年1月31日,2月1日)開催のお知らせ

盛況のうち終了いたしました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

第2回全国海洋教育サミット(チラシはこちらからrcme_summit_2015-1.pdf

【開催趣旨】
海洋教育とは、海と人との共存をめざし、海に親しみ、海を知り、海を守り、海を利用する、学習を推進する教育です。
本シンポジウムは、東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター(RCME)が連携する海洋教育促進拠点をはじめ、全国の教育委員会、小・中・高等学校や大学、社会教育施設における海洋教育の実践事例について、実践者及びその管理者が発表し相互に交流することで、海洋教育を促進しそのネットワークを広げることを目的として開催します。
さらに初日の中夜祭では、著名な思想家・人類学者である中沢新一さんに海と日本人との関わりについて特別講演をしていただきます。
海洋教育に関心をお持ちの教育関係者、学生、一般の方々の参加をお待ちしております。

【開催日時】
平成27年1月31日(土曜日)・2月1日(日曜日) 
・1月31日(土) 13時〜16時15分(予定):「海洋教育実践発表:教育委員会、小・中・高校、大学、社会教育施設」
                  (実践発表会終了後に交流会を行います。)
 
・1月31日(土) 18時〜19時30分(予定):「中夜祭」
                  特別講演:「海洋アースダイバー序説」
                  講演者:中沢新一(思想家・人類学者/明治大学野生の科学研究所所長)
 
・2月  1日(日)   9時〜12時50分(予定):「海洋教育実践発表:教育委員会、小中高校、大学、社会教育施設」

【会 場】
 東京大学・本郷キャンパス・弥生講堂:  http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/
      キャンパスマップ:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_15_j.html
【対 象】
 小・中・高等学校教員、教育関係者、学生、一般
【参加費】
 無料
【共催】
 東京大学 海洋アライアンス 海洋教育促進研究センター(RCME)、日本財団
【後援】
 文部科学省
 

  

プログラム(予定、詳細が決まりしだい随時掲載します)

1月31日(土曜日)「海洋教育実践発表:教育委員会、小・中・高校、大学、社会教育施設」
時間 プログラム
 13:00-13:05   開会のあいさつ
 13:05-13:10   来賓あいさつ
 13:10-13:25   海洋教育の哲学
 田中智志(東京大学大学院教育学研究科教授/
       海洋アライアンス海洋教育促進研究センターセンター長)
 13:25-13:40   海洋教育実践発表:神奈川県三浦市教育委員会/小学校
 13:40-13:55   海洋教育実践発表:三重県志摩市教育委員会/小学校
 13:55-14:10   海洋教育実践発表:宮城県気仙沼市教育委員会/小学校
 14:10-14:25   海洋教育の意義と課題-海洋生物学の観点から−
 赤坂甲治(東京大学大学院理学系研究科教授/三崎臨海実験所所長/
       海洋アライアンス海洋教育促進研究センター)
 14:25-14:35   休憩
 14:35-14:50   海洋教育実践発表:福井県立若狭高等学校
 14:50-15:05   海洋教育実践発表:私立逗子開成中学校・高等学校(神奈川県逗子市)
 15:05-15:20   海洋教育実践発表:金沢大学+石川県能登町教育委員会/小木小学校
 15:20-15:35   海洋教育の意義と課題-水産学の観点から−
 黒倉壽(東京大学大学院農学研究科教授/海洋アライアンス)
 15:35-15:45   休憩
 15:45-16:00   海洋リテラシーの現在―「全国海洋リテラシー調査」の成果と課題―
 鈴木悠太・丹羽淑博(東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター)
 須藤康介(明星大学教育学部)
 16:00-16:15   海洋教育が育む能力・態度
 日置光久(東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター特任教授)
 16:15-17:30   交流会(於:弥生講堂会議室、参加自由)   

1月31日(土曜日)「中夜祭」
時間 プログラム
 18:00-18:10   開会のあいさつ 
 18:10-19:10   特別講演:「海洋アースダイバー序説」
 講演者:中沢新一
 (思想家・人類学者/明治大学特任教授・野生の科学研究所所長)   
 19:10-19:30   ディスカッション

2月1日(日曜日)「海洋教育実践発表:教育委員会、小・中・高校、大学、社会教育施設」
時間 プログラム
 09:00-09:05   あいさつ                           
 09:05-09:20   海洋教育実践発表:琉球大学・発達支援教育実践センター
 09:20-09:35   海洋教育実践発表:岡山大学
 09:35-09:50   海洋教育実践発表:宮崎市立青島小学校+宮崎市立青島中学校+宮崎大学
 09:50-10:05   海洋教育の意義と課題-地理学の観点から−
 茅根創(東京大学大学院理学系研究科教授/海洋アライアンス海洋教育促進研究センター)
 10:05-10:15   休憩
 10:15-10:30   海洋教育実践発表:岩手県洋野町教育委員会/小学校
 10:30-10:45   海洋教育実践発表:岩手県立種市高等学校
 10:45-11:00   海洋教育実践発表:東京都北区教育委員会/小学校+お茶の水女子大学
 11:00-11:15   海洋教育の意義と課題-海洋物理学の観点から−
 丹羽淑博(東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター特任准教授)
 11:15-11:25   休憩
 11:25-11:40   海洋教育実践発表:海の博物館(三重県鳥羽市)
 11:40-11:55   海洋教育実践発表:葛西臨海水族園(東京都江戸川区)
 11:55-12:10   海洋教育実践発表:国立若狭湾青少年自然の家(福井県小浜市)
 12:10-12:25   海洋教育の意義と課題-「海のプロフェッショナル」の観点から−
 窪川かおる(東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター特任教授)
 12:25-12:40   海洋教育の意義と課題-シティズンシップ教育の観点から−
 小玉重夫(東京大学大学院教育学研究科教授/教育学部附属中等教育学校校長)
 12:40-12:50   総括・閉会のあいさつ

問い合わせ

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
  東京大学大学院理学系研究科海洋リテラシー事務気付
  東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター
  メール: rcme-info@oa.u-tokyo.ac.jp
  電話: 03-5841-4395、FAX: 03-5841-8777

活動報告