ニュース

2011/06/28
  • イベント

第2回カリキュラム開発研究会(男鹿学研究会)を東大附属中等学校にて行いました。

2012年6月21日

報告者:河野麻沙美
男鹿学のカリキュラム開発はどのように展開できるのか。
協同学習、総合学習に長年取り組んできた東京大学教育学部附属中等学校を訪問し、
実際の授業参観と、副校長の村石先生に活動状況や仕組みについて説明をいただきました。
※授業参観の様子は別途報告します。
東大附属中等学校では様々な形で、総合的な学習の時間に相当する実践を行ってきました。
紀要も出されており、実践の積み重ねも記録に残っています。
実際に紀要を見てみたり、歴史的変遷を知ることができた貴重な研究会となりました。
「男鹿学」はふるさと教育とキャリア教育を包含することを目指しています。
地域性や課題についても、参加者で共有し、男鹿海洋高校らしい「男鹿学」のあり方を考えました。
センターからの参加者:
宮崎活志、丹羽淑博、河野麻沙美
連携研究員
小高さほみ氏、濱田眞氏