ニュース

2012/03/27
  • イベント

第2回シンポジウム─海洋教育がひらく防災への道

RCME第2回シンポジウム「海洋教育がひらく防災への道」

【開催日】
平成23年8月27日(土) 13時〜17時20分
【会 場】
東京大学 農学部内 弥生講堂
キャンパスマップ:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_15_j.html

【対 象】
小中高教員、学生、一般
【参加費】
無料
【共 催】
東京大学 海洋アライアンス 海洋教育促進研究センター(RCME)
(http://rcme.oa.u-tokyo.ac.jp/)
日本財団
(http://www.nippon-foundation.or.jp/)

問い合わせ

東京大学理学系研究科 海洋教育促進研究センター(RCME)事務局
Tel: 03-5841-4395, FAX: 03-5841-8777
E-mail: literacy_jimu@oa.u-tokyo.ac.jp

開催概要

東日本大震災により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈り申し上げます。
今、学校教育での防災教育の重要性が再確認されています。海がもたらす災害を子どもたちがどのように学ぶのか。災害からどのように身を守ったらよいのか。一方で、海は怖いばかりではなく、漁業や海運などのように私たちへの恵みの場であることを学ぶことも大事です。学校での海の防災教育について考えるため、東京大学海洋教育促進研究センターと日本財団は共同でシンポジウムを開催いたします。学校教育の現場の先生方をはじめとして、多くの方々の参加をお待ちします。

プログラム

シンポジウム要旨

時間

プログラム

13:00-13:10

開会の辞

海野 光行 (日本財団・常務理事)

13:10-14:00

岩手県沿岸小中学校での津波防災教育への支援

堺 茂樹(岩手大学工学部 教授)

14:00-14:30

津波シミュレーションを使った海洋教育

丹羽 淑博(海洋教育促進研究センター 特任准教授)

14:30-15:20

放射性物質を追う─拡散シミュレーション結果を理解するには─

升本順夫((独)海洋研究開発機構 地球環境変動領域 プログラムディレクター)

15:20-15:40

休憩

15:40-16:10

海洋教育における防災と安全

佐藤 学(教育学研究科教授 海洋教育促進研究センター長)

16:10-17:10

パネルディスカッション

佐藤  学(教育学研究科教授 海洋教育促進研究センター長)

升本 順一((独)海洋研究開発機構 プログラムディレクター)

堺  茂樹(岩手大学工学部教授)

浦辺 徹郎(理学系研究科教授 海洋アライアンス副機構長)

吉田安規良(琉球大学教育学部准教授)