ニュース

2012/07/09
  • イベント

何が学べる?カリキュラム開発の基盤づくり

2012年7月9日

報告者:河野麻沙美
男鹿海洋高校で、男鹿学を推進する先生方と「男鹿学」実施に向けたカリキュラム開発研究会を行いました。
まずは、コンテンツの探索です。男鹿に関わる情報をただ集めるだけではありません。
生徒たちに知ってもらいたい男鹿は何か、生徒たちが知りたい男鹿はどこにあるのか。
どういったこととつながるのか、広がるのか。可能性を探りました。
まずは、情報をかき集め、それらのつながりを考えるコンセプトマップを作りました。
模造紙を囲い、ペンを持って自由に話しながら、書き出していきます。
予想以上に出てきたようです。確かに、いろいろ出てきました。
先生の持ち寄った情報がつながっていき、男鹿学のポテンシャルが可視化されました。
先生方のやりとりを聞いているだけでも、たくさんのことが学べます。
話見てると「あれ?わからないな」ということも出てきました。
これは探究の種です。
総合的な学習の時間。生徒たちの探求がどのように展開するか楽しみです。