ニュース

2012/12/12
  • イベント

海洋教育写真コンテストの表彰式を行いました

12月12日(水)に、三浦市内の小中学校を対象とした「海洋教育写真コンテスト」の表彰式が東京大学三崎臨海実験所(神奈川県三浦市)にて執り行われました。

この写真コンテストは、三浦市と東京大学三崎臨海実験所(三崎臨海)との連携協定に基づく海洋教育普及活動の一環で、当センターも共催機関として企画と審査に関わってきたものです。
今回のコンテストでは、三浦市内の全小中学校の生徒を対象として、「海の生き物部門」と「海の風景とくらし部門」の2部門について募集を行いました。
当センターおよび三浦市、三崎臨海の代表者からなる審査委員会で審査を行い、計201点の応募作品の中から12点を入選作品として選定いたしました。
入選作品は三崎臨海実験所のホームページにて掲載しています。ぜひご覧ください。

s-PC120511.jpg

表彰式では、受賞者の紹介の後、三浦市教育委員会の三壁教育長より受賞者1人1人に表彰状が渡されました。
受賞した生徒の皆さんは、いずれも少し緊張した面持ちで表彰状を受け取っていました。

その後、当センターの大森特任研究員より受賞作品の紹介と授賞理由の説明が行われ、最後に当センターの赤坂教授(三崎臨海所長 兼任)が講評を行い、閉式となりました。


s-PC120545.jpg

写真を撮る際には、必然的に被写体となる風景や動物などと向き合うことになります。今回の写真コンテストをきっかけとして、子供たちが海に対してより関心を持ってくれると良いですね。

※ 表彰式の様子の写真は、受賞者の許可を得て撮影・掲載しています。