ニュース

2012/12/21
  • イベント

南下浦小学校にて海の生き物についての出前授業を行いました

南下浦小学校にて海の生き物についての出前授業を行いました12/18(火)に三浦市立南下浦小学校にて、海の生き物についての出前授業を行いました。

三浦市では、三浦の自然や文化について学ぶ総合的な学習「みうら学」を市内小中学校で実施しており、本年度の南下浦小学校では、5年生が学校の目の前の高抜海岸にすむ生き物の図鑑を作成しています。

本時では、これまでに子供たちが観察した生き物について、RCME特任研究員の大森が名前や特徴を解説した後、生き物を特徴ごとに分類するなどして図鑑の内容を充実させていきました。

2時間分の授業を通して子供たちからの質問も非常に多く、身近な海の生き物について積極的に学ぼうとする姿が伺えました。