東京大学
(ご案内)2016年「海の日」作文募集のお知らせ(日本海事新聞社ほか)



2016年「海の日」作文募集のお知らせ

日本海事新聞社

教育新聞社

日本海洋政策学会

 

※本受付は終了いたしました。

日本海事新聞社、教育新聞社、日本海洋政策学会は3者共同で、7月の「海の日」に向け、国民が海に親しみ海洋への理解を深めるため、全国の高校生を対象にした「海の日」作文を募集します。生徒個人の執筆に加え、部活動などの成果を反映したグループ執筆も受け付けますので、ふるって応募してください。詳細は以下の通りです。


【テーマ】

「海の魅力、そして私の夢・挑戦」

-日本の海洋・船舶・水産の活性化に向けた自らの想いと提案-

 

参考資料「海の未来-海洋基本計画に基づく政府の取組-」

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kaiyou/youth_kihonkeikaku/uminomirai.pdf

 

【応募要領】

作文は、上記テーマに沿ったタイトルを付け、ワードまたはテキストに1200-1500字の範囲で原稿(使用言語は日本語)として取りまとめて提出してください。図表・写真を付ける場合はそれぞれ1点に限ります。引用した文章・図表には必ず出典を付記してください。応募原稿は自らのアイデア・考えに基づいた未発表原稿に限ります。

提出する作文は、表紙を付け、その上段にタイトルを明記の上、下段に住所(都道府県名から)、氏名(ふりがな)、性別、学校名、科名、学年、連絡先の電話番号・メールアドレスを記載の上、2ページ目から本文として、添付ファイルにしてeメールで送信してください。1ページの字数・行数は適宜、設定してください。

 

【応募資格】

高校生(日本国内の公私立高等学校と専門校等の在校生。高等専門学校の場合は1、2、3年生)の個人またはグループ

 

【提出先】

eメール・アドレス: ronbun@jmd.co.jp

 

【審査方法】

提出作文は、日本海洋政策学会学術委員会に設置される審査委員会で審査します。

 

【締め切り】

2016年5月30日(月)〈当日必着のこと〉

 

【発表】

2016年7月20日前後

 

【賞品】

最優秀賞1編(図書券2万円)、優秀賞2編(図書券1万円)

 

【その他】

1.個人情報について

個人情報については、選考・発表にかかわる事項以外には使用しません。

 

※日本海洋政策学会について

海洋の総合的管理、持続可能な開発などに向けた総合的な海洋政策の形成のため、学際的かつ総合的な学術研究の推進と深化に役立つことを目的に、20081126日に設立されました。前東京大学総長の小宮山宏氏が初代会長を務め、201412月からは明治大学法科大学院教授の奥脇直也氏が会長を務めています。201111日に「日本海洋政策学会」に改称し、2013924日には日本学術会議の協力学術研究団に指定されました。

http://oceanpolicy.jp 参照)

 

本件の問い合わせ先:

--------------------------------------------------

日本海事新聞社

取締役 藤本逸朗

電話0334363221、ファクス0334366553

メールfujimotojmd.co.jp

105-0004 東京都港区新橋5-19-2 新橋森ビル2

--------------------------------------------------

活動報告