教育関係の皆様へ

育成を目指す資質・能力の三つの柱

「確かな学力」「健やかな体」「豊かな心」を総合的にとらえて構造化

学びに向かう力人間性等
どのように社会・世界と関わり、より良い人生を送るか
知識・技能
何を理解しているか何ができるか
思考力・判断力・表現力等
理解していること、できることをどう使うか

幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)(中教審第197号)補足資料 (1/8)より

学習指導要領と海洋教育

2017年3月に、文部科学省より新しい学習指導要領が公示されました。これは、変化が激しくますます多様で複雑化していくこれからの社会において、子供たちがしっかりとした「未来対応」の力をつけていくために考えられた教育課程の基準です。そこでは、子供たちに育成する力が、新しい時代に必要となる「資質・能力」として、次の3つに整理されています。

1.生きて働く知識・技能
2.未知の状況にも対応できる思考力・判断力、表現力
3.学びに向かう力、人間性

このような「資質・能力」の育成は学校が中心となりつつも、そのめざすところを地域や社会の人々と共有・連携しながら実現させることが大切です。特徴ある地域の自然や歴史は、学校と地域・社会をつなぐ大切な学習材となります。

海に囲まれた我が国において、「海と人との共生」という理念を掲げる海洋教育は、このような学習指導要領の目指すところと方向性が合致しています。海の豊かな自然に親しみ、海について興味・関心を持ち進んで調べ、海の利用の実態やその歴史について深く学ぶとともに、海を守る心を育み、保全の態度を涵養することは、海洋教育を通して子供に育成することができる大切な「資質・能力」といえます。また、教科の学習や総合的な学習における子供の学びと関係づけるとともに、地域の人や社会と連携し、そこでの自然や歴史を貴重な素材として取り上げ教材開発を行うことは、まさに海洋教育がこれまでやってきたことです。

新学習指導要領は2020年度より全面実施が予定されていますが、海洋教育もまた、子どもの資質・能力の育成を図るとともに、「社会に開かれた海洋教育」として一層の研究開発を行っていきます。

  • 2019/03/29
    • お知らせ
    【重要・予告】「海洋教育センター」活動開始に係るホームページリニューアルのお知らせ

    東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センターは、2019(平成31)年3月31日を以って活動を終了いたします。
    引き続き同年4月1日より、海洋教育に関する研究活動は「東京大学大学院教育学研究科附属海洋教育センター」で展開してまいります。

    これに伴い、本ホームページも海洋教育センターでの活動に準拠するために2019年夏頃までを目途に、URLの変更、およびリニューアルを行う予定です。
    詳細が決まり次第、改めて本ホームページにてお知らせいたします。

    ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

  • 2019/01/15
    • トピックス
    • お知らせ
    • イベント
    【イベント案内】対話と探究がつむぎだす海と人とのかかわりー答えなき問いに向きあうディープ・アクティブラーニング
    東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センターでは、
    海洋教育の促進を目的に全国の自治体や教育委員会、学校と連携し、海洋教育の実践開発を行なっています。
    その成果の報告として、東京大学海洋教育フォーラムを開催いたします。
    イベントでは、東京大学教育学部附属中等教育学校での海洋教育の実践報告をいたします。
    
    東大附属学校では、<海と人とのかかわり>をキーワードに、「海を学ぶ」東大附属学校が中心となり、
    「海に学ぶ」沖縄本島の珊瑚舎スコーレ・夜間中学校の生徒(高齢者)とともに
    課題を共有しながら協働的に学びを進めてきました。
    本イベントでは、異なる地域、異なる世代の人々が対話を重ねることを通して、
    より深くから主体性を獲得していった実践の報告と、協働してつむいできた学びの成果を報告いたします。
    また、高校世界史での海洋教育の実践報告もいたします。
    本イベントを通して、ディープ・アクティブラーニング型の学習を取り入れた新たな海洋教育の可能性を拓きます。
    
    なお、本イベントは海洋教育パイオニアスクールプログラム・地域展開部門の成果報告会も兼ねております。
    
    【日時】2019年3月17日(日) 13:00-16:30(開場:12:30)
    
    【場所】東京大学本郷キャンパス福武ホール
    
    【主催】東京大学教育学部附属中等教育学校、同海洋アライアンス海洋教育促進研究センター、日本財団
    
    【協力】特定非営利活動法人珊瑚舎スコーレ
    
    【定員】180名(先着順)
    
    【参加費】無料
    
    【参加申し込み方法】以下の受付フォームから事前にお申込みください。
    
      参加申し込みフォーム
    
    
    【プログラム】
    13:00~13:10 主催者挨拶
    13:10~13:40 実践発表① 東大附属  高校世界史B  南澤武蔵・生徒 
    13:40~13:50 連携概要説明 海洋教育パイオニアスクールプログラム・地域展開部門
    13:50~14:20 実践発表② 珊瑚舎スコーレ夜間中学校 星野人史・生徒
    14:30~15:25 実践発表③ 東大附属  探究的市民科  福島昌子・生徒
    15:35~16:20 パネルディスカッション
            司会:小玉重夫(教育学研究科長)
            パネラー:実践者・生徒
    16:20~16:30 総評・閉会挨拶:田中智志(教育学部教授/海洋教育センター長)
    【実践概要】
    東京大学教育学部附属中等教育学校 
    探究的市民科(総合的な学習)「課題別学習(海・Sea)」
    「海と人とのかかわり」をテーマとし、対話・思考・探究を軸に学びを進めています。
    沖縄の宮古島・池間島の方との対話を映像編集することで、自身を対象化し新たな自分
    と向き合いながら答えのない問いに挑戦しています。
    
    珊瑚舎スコーレ夜間中学校
    生徒の平均年齢は約78歳です。沖縄戦の混乱と貧困の中で就学機会を逃した方々が主に
    学んでいます。「海を学ぶ」ことを通して、負のイメージとして広がっていた海が「感謝
    と祈りの海」へ変貌していく。「学校で学ぶ」ことの本質が見えてきます。
    
    東京大学教育学部附属中等教育学校  高校世界史B
    「オリエント世界」の学習を、古代エジプトを中心に、地中海や紅海といった「海」によ
    る諸地域間のつながりに着目して展開します。博物館での資料見学なども活用しながら、
    教科書の記述にはない「オリエント世界」を生徒が自分たちで構築し直すことを目指します。
  • 2018/10/19
    • イベント
    【終了いたしました】「第6回全国海洋教育サミット」(2/9)ポスター・セッションでのポスター発表受付につきまして

    第6回全国海洋教育サミット」で実施する「ポスター・セッション」では
    今年度、皆さまからのポスター発表を受け付けます。
    つきましては、以下の通りご案内を差し上げます。
    皆さまのご応募をお待ち申し上げております。

    【ポスター・セッション日時】
    2月9日(土)13:55-14:50(前後半の2回に分けて実施。1回の発表は質疑含め20分)
    ※10月19日現在の予定であり、前後する可能性があります。

    【発表受付件数】
    40-50件程度を予定

    【発表対象者】
    児童・生徒、教職員、研究者

    【ポスターサイズ】
    A0(841mm×1189mm・縦長)サイズ1枚が貼付可能なのボードを発表スペースとして提供しますので、その中で作成してください。
    ポスターは1枚で作成しても、複数枚に分割しても構いません。

    【発表を希望する方へ】
    発表を希望される方は、発表申し込みフォームからエントリーをお願いいたします。
    エントリーは複数件をまとめず、必ず1件ずつ行ってください。
    会場の都合等により選考を行ったうえで、最終的な発表可否について結果を12月7日(金)までにフォームに入力したメールアドレス宛にご連絡いたします。

    ※入力期限:2018(平成30)年11月30日(金)23:59まで
    ※フォームへのアクセスができない方は、件名を「第6回全国海洋教育サミットポスター発表希望」とし
    本文に「発表組織名・発表担当者名・ご連絡先メールアドレス(休日・祝日でも連絡がとれるもの)・発表人数・発表者内訳(子ども・大人の・ポスタータイトル・発表要旨(200字程度)」を記入したうえで、事務局(rcme-info@oa.u-tokyo.ac.jp)までメールを送信してください。

    ☆「海洋教育促進拠点/研究拠点」の地域・学校、および「2018年度 海の学び・生涯学習プロジェクト」にて発表を行う社会教育施設の皆さまについても
    本フォームでのエントリーをお願いいたします。
    また別途、発表に係るご案内のメールをお送りいたします。

    【お問い合わせ】
    〒113-0032 東京都文京区弥生2-11-16
    東京大学浅野地区理学部3号館320A
    海洋教育促進研究センター事務局
    Mail: rcme-info@oa.u-tokyo.ac.jp
    TEL: 03-5841-4395 FAX: 03-5841-4380

  • 2018/10/12
    • イベント
    【イベント案内】第6回全国海洋教育サミット 開催のお知らせ(2/9)

    (2月8日15:00)
    【ご案内】
    9日は降雪予報が出ておりますが、本イベントは開催いたします。
    お足元の悪い中ではございますが、どうぞお気をつけてお越しくださいませ。

    ———–
    (10月16日 12:30掲載)
    ご案内をしておりました本イベント開催の曜日に誤記がありましたので、以下の通り訂正いたします。
    (誤)2019(平成31)年2月9日(金)13:00-18:00(受付開始12:00)
    (正)2019(平成31)年2月9日()13:00-18:00(受付開始12:00)
    また関係各所に送信したFAXでも同様の誤記がありました。皆さまにご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
    ———–

    東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター(以下、センター)は、公益財団法人日本財団との共同主催にて「第6回全国海洋教育サミット」を開催いたします。本イベントではディスカッションのほか、全国で取り組まれている海洋教育の実践発表が行われ、海洋教育に取り組む多様な人びとが新たなネットワークを形成できる場となっております。

    海洋教育は「海に親しむ・海を知る・海を守る・海を利用する」という4つの観点から「海と人との共生」という理念を実現するための教育活動です。センターは全国各地の教育委員会、学校、社会教育施設、自治体等と連携し、各地域・施設の特色を活かした海洋教育を行うための協働を続けています。また、2016年度より実施する「海洋教育パイオニアスクールプログラム」を通し、海洋教育に取り組もうとする教育委員会や学校への助成も行っております。

    本イベントでは海洋教育のこれまでの歩みを、センターの活動報告や、全国で海洋教育に取り組む学校関係者、その児童・生徒によるポスター・セッションを通して振り返ります。そしてパネル・ディスカッション等を通して、海がおかれている現状を共有し「海とともに生きる」海洋教育が今後何に取り組むべきかについて議論します。

    【日時】
    2019(平成31)年2月9日(土)13:00-18:00(受付開始12:00)

    【会場】
    東京大学本郷キャンパス 安田講堂

    【主催】
    東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター・公益財団法人日本財団

    【後援】
    文部科学省

    【プログラム】(1月15日現在)
    13:00 開会行事・あいさつ
    13:10 「海洋教育のこれまで」(センター発表)
    13:55 ポスター・セッション(発表件数:65件)
    15:15 ディスカッション「海洋教育のこれから」

    <登壇者>

    藤倉克則(JAMSTEC)
    ケンタロ・オノ((一社)日本キリバス協会代表理事/前キリバス共和国名誉領事・大使顧問)
    茅根創 (東京大学・海洋アライアンス海洋リテラシープログラム長)

    <指定討論者>

    須賀利雄(東北大学)

    <コーディネーター>

    田中智志(東京大学・海洋アライアンス海洋教育促進研究センター長)・茅根創

    17:25 今後の活動(センター発表)
    17:50 閉会行事
    18:00 終了
    18:30 懇談会(会費制:2,000円)

    【参加費】
    無料(懇談会は会費制:2,000円)

    【参加申し込み方法】
    申し込みフォームに必要情報をご記入ください。
    ※入力期限:2019(平成31)年2月7日(木)23:59まで
    ※フォームへのアクセスができない方は、件名を「第6回全国海洋教育サミット参観希望」とし、本文に「参加者氏名・フリガナ・ご連絡先メールアドレス・ご職業・ご所属・懇談会出欠」を記入したうえで、事務局(rcme-info@oa.u-tokyo.ac.jp)までメールを送信してください。

    ☆ポスター発表を希望される方のエントリーは別途こちらから行ってください。

    【お問い合わせ】
    〒113-0032 東京都文京区弥生2-11-16
    東京大学浅野地区理学部3号館320A
    海洋教育促進研究センター事務局
    Mail: rcme-info@oa.u-tokyo.ac.jp
    TEL: 03-5841-4395 FAX: 03-5841-4380

  • 2018/10/10
    • イベント
    【イベント案内】第3回海洋教育こどもサミットin気仙沼 開催のお知らせ(11/16)

    本イベントは終了いたしました。(11/20)

     

    東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター(以下、センター)は、宮城県気仙沼市教育委員会、公益財団法人日本財団との共同主催、文部科学省の後援にて「第3回海洋教育こどもサミットin気仙沼」を開催いたします。本イベントは、東北各県で取り組まれる海洋教育の成果を児童・生徒が主体となり発表するものです。

    海洋教育は「海に親しむ・海を知る・海を守る・海を利用する」という4つの観点から「海と人との共生」という理念を実現するための教育活動です。センターは全国各地の教育委員会、学校、社会教育施設、自治体等と連携し、各地域・施設の特色を活かした海洋教育を行うための協働を続けています。また、2016年度より日本財団・公益財団法人笹川平和財団海洋政策研究所と共同で実施する「海洋教育パイオニアスクールプログラム」を通し、海洋教育に取り組もうとする教育委員会や学校への助成も行っております。

    海洋教育がもたらす学びを、子どもたちはどのように受け止め、自らのものとしているのか。海洋教育を通して、地域や学校は海とのつながりをどう深めていくのか。そうした点を皆さまと共有できるイベントとしたいと考えております。

     

    【日時】
    2018(平成30)年11月16日(金) 13:00-16:45(受付開始12:45)

    【会場】
    宮城県気仙沼市立鹿折小学校(宮城県気仙沼市西八幡町54-1)

    【主催】
    宮城県気仙沼市教育委員会・東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター・公益財団法人日本財団

    【共催】
    岩手県洋野町教育委員会・気仙沼ESD/RCE推進委員会

    【後援】
    文部科学省

    【プログラム】(10月10日現在)
    13:00 開会行事・あいさつ
    13:25 共通の学び(気仙沼の震災復興と海洋教育の現状、これからの可能性)
    13:55 実践発表・学びの交流(25分のポスター発表×3巡)
    15:45 振り返り(実践発表を元にした児童・生徒によるディスカッション)
    16:20 総括(東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター センター長 田中智志)
    16:35 閉会行事
    16:45 終了

    【発表校】
    東北各地域の幼稚園・小・中・高等学校

    【参加費】
    無料

    【参観申し込み方法】
    申し込みフォームに必要情報をご記入ください。
    ※入力期限:2018年11月9日(金)23:59まで
    ※フォームへのアクセスができない方は、件名を「第3回海洋教育こどもサミット参観希望」とし、本文に「参加者氏名・フリガナ・ご連絡メールアドレス」を記入したうえで、事務局(rcme-info@oa.u-tokyo.ac.jp)までメールを送信してください。

    【お問い合わせ】
    〒113-0032 東京都文京区弥生2-11-16
    東京大学浅野地区理学部3号館320A
    海洋教育促進研究センター事務局
    Mail: rcme-info@oa.u-tokyo.ac.jp
    TEL: 03-5841-4395 FAX: 03-5841-4380